このエントリーをはてなブックマークに追加

1月

19

Scala福岡2019

ハッシュタグ :#scalafukuoka
募集内容

参加者

無料

参加者数
4

イベントの説明

Scala福岡とは?

Scalaを福岡・九州で盛り上げていきたい、まずはイベントやってみようじゃないか。 ということで始まった、Scala福岡。大盛況に終わった第1回, 第2回に引き続き、第3回目の開催が決定しました。

Webサイト

https://scala-fukuoka.org/

Scala福岡セッション募集について

申し込みはこちらから

参加受付方法について

セッションやハンズオンの詳細が決定次第このページにてお知らせいたします。少々お待ちいただけるようお願いいたします。

スポンサーの募集

申し込みフォームはこちらになりますので、ご興味をお持ちいただける方はぜひご応募よろしくお願いいたします。

詳細に関してはこちら

登壇者

中村 学(がくぞ) / 株式会社Tech to Value代表取締役、Opt Technologies技術顧問、株式会社エフ・コードCTO
Scalaを中心にWeb開発やITシステムコンサルティングを行っている。

内田 優一 / 株式会社ヌーラボ
株式会社NulabのBacklogチームの開発者。Scala福岡2016、2017、Scala関西 Summit2016でPlay Frameworkハンズオンの講師をつとめる。

タイムテーブル

メインセッション

  • メイン会場
時刻 タイトル 登壇者
10:30 開場/受付
11:00 - 11:10 オープニング
11:10 - 11:50 基調講演 中村学
12:00 - 12:40 セッションA 登壇者A
12:50 - 13:00 スポンサーランチセッションA スポンサーA
13:00 - 13:10 スポンサーランチセッションB スポンサーB
13:10 - 13:20 スポンサーランチセッションC スポンサーC
13:20 - 14:00 休憩 (ハンズオン参加者は13:40まで)
14:00 - 14:40 セッションB 登壇者B
14:50 - 15:30 セッションC 登壇者C
15:40 - 16:20 セッションD 登壇者D
16:30 - 17:10 セッションE 登壇者E
17:20 - 17:50 LT
17:50 - 18:00 クロージング
18:00 - 20:00 懇親会

ハンズオン

  • ハンズオン会場
    • メイン会場併設
時刻 タイトル 登壇者
12:00 - 12:40 Play Framework と Scala を使った開発を学べるハンズオン(前半) 内田優一(株式会社ヌーラボ)
13:40 - 15:00 Play Framework と Scala を使った開発を学べるハンズオン(後半) 内田優一(株式会社ヌーラボ)
15:10 - 17:10 タイトル未定(関数型に関する何か) 木虎直樹

スポンサー

Scala Fukuokaは、下記のスポンサーの皆様に支えられ運営しております。

ゴールドスポンサー

Forkwell

サービスサイト 

Forkwell は、成長し続けるエンジニアを支援するサービスです。 ポートフォリオサービスにより、ITエンジニアのスキルやプロフィールを可視化、成長のきっかけを提供し、「コードを書く人が評価される」世界の実現を目指します。さらにエンジニアに特化した求人・転職支援サービス群、「幸せに働く」きっかけとなる情報や場の提供などを通じて、ITエンジニアの幸せを追求しつづけます。

株式会社ヌーラボ

会社情報 採用情報

株式会社ヌーラボは、福岡に本社をおく、コラボレーションツール「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」を提供する会社です。現在は、国内3拠点(福岡・京都・東京)に加え、ニューヨーク、シンガポール、アムステルダムに海外拠点を持ち、グローバルに展開しています。

クラスメソッド株式会社

会社情報

クラスメソッド株式会社は「AWSクラウド、ビッグデータ、モバイル、センサー、音声認識」の技術を活用した企業向け支援を行っています。AWS支援では2015年から4年連続で公式の最上位コンサルティングパートナーに認定されており、現在までに700社2500アカウント以上のAWS導入実績があります。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」にて1万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。

株式会社はてな

会社情報

はてなは、「はてなブックマーク」「はてなブログ」などのソーシャルサービスの展開のほか、これまでに培ったサービス開発・運用知見を活かし、サーバー監視ツール「Mackerel」などビジネス向けの製品や、受託サービスの開発・運用も行っています。 Scala は Mackerel やはてなブログ、はてなブックマークで採用され、稼働しています(はてなにおけるマイクロサービスとScalaはてなブックマーク in ScalaMackerel における Scala/Play)。

会場スポンサー

LINE Fukuoka株式会社

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

Teruo Kunihiro

Teruo Kunihiro さんが Scala福岡2019 を公開しました。

2018/08/07 16:11

Scala福岡2019 を公開しました!

グループ

Scala福岡

イベント数 5回

メンバー数 216人

開催前

2019/01/19(土)

11:00
16:00
まだ募集していません

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

募集期間
2018/11/01(木) 00:00 〜
2019/01/18(金) 23:00

会場

LINE Fukuoka株式会社

福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F

参加者(4人)

Yohei Tsuji

Yohei Tsuji

Scala福岡2019に参加を申し込みました!

S Shoji

S Shoji

Scala福岡2019に参加を申し込みました!

blackhorry

blackhorry

I joined Scala福岡2019!

Tosh10

Tosh10

Scala福岡2019に参加を申し込みました!

参加者一覧(4人)

キャンセルした人(1人)